佐々木昌夫さんへの言葉に至る過程 2

  • 2006.11.09 Thursday
  • 23:52
印刷




真ん中に灰
重さはどのくらいあるのだろう。

何枚も何枚も積み重ねられている。


焼かれている



英字新聞
日本の新聞
写真

重そうだ
落ちない

佐々木昌夫さんへの言葉に至る過程 1

  • 2006.11.07 Tuesday
  • 23:40
title:
「TABULA RASA」 (紙(印刷物)、接着剤、火、灰、布/2006)

重厚だ。

雑誌、新聞、折込をいくつも使って重ねている。

床の上の大きな物体は、どのくらいの重さがあるのだろう。
まるい穴ボコは火で燃やされてできたようだ。
その上からまた灰をまぶされている。

壁から流れてくる巨大な一枚の平たい作品も、重厚だ。
表面は布で覆われている。

使用された、雑誌、新聞、折込はどんなメッセージを持っていたのだろう。
それらのメッセージは、いま、違ったメッセージに変換された。

佐々木昌夫さんの作品についての予備知識

  • 2006.10.31 Tuesday
  • 00:47
雑誌、新聞、折り込みなどが入っています。
傾いているのは絵画性を外そうとされたからだそうです。