山本恵さんへの言葉に至る過程 2

  • 2006.11.09 Thursday
  • 23:12
箱(部屋)それぞれに物語

衣服
靴下
足が入っていた袋

オーナメント
テーブル
浮かしたい
止まり木


消す

八つの箱 それぞれが二階建て

睫のボウル に 白い棒 白い球 ビーズ 時計の部品
ドレス 赤ちゃん テグス 発泡スチロールの小さな球 網 靴下
羽 止まり木 卵 赤い草 テーブルの上 梯子
止まり木 白い立方体 羽
球 捩子? 糸 梯子 ドア 網 羽 白い小さな靴 籠 梯子
大きな球 瓶 紐

女性
木に羽 鳥を飼っていたのだろうか
実験室
女性の服を集めていた人が飾りに
天国へ向かおうとしていた人の部屋か
ジャングルジムを構築した人の部屋か
風船の一つを掴んで飛んでいってしまった人の部屋か
動物を飼っていた人
実験

いない世界

残骸
空気
白い客室
時計
気配
みんな

山本恵さんへの言葉に至る過程 1

  • 2006.11.06 Monday
  • 23:00
title:
「HOTEL GHOST」 (ミクスドメディア/2006)

八つの箱がある。八つの部屋がある。
それぞれが二階建てでガラス張り。

白いもの。光るもの。

白は純白ではなく、クリーム色っぽい白である。

誰かがいた気配。

木 まつげ 白
まつげのついた灰皿(のようにみえる小さな鉢)に煙草(のようにみえる白い棒)
木 羽 電球 風船 ドレス はしご 靴下
籠 屋根 梯子 テーブル 紙 ビーズ 窓 扉
階段 紐 発泡スチロールの白い小さな球

ホテルゴーストは、長期滞在者ばかりが住むホテルである。
しかも、全員が消えてしまった。

男もいたのか女もいたのかどちらでもない人がいたのか。

ドレスが吊られた部屋はなぜか女性がいた部屋には見えない。
煙草のようなものがある部屋はなぜか女性がいた部屋に見える。

山本恵さんの作品についての予備知識

  • 2006.10.31 Tuesday
  • 00:32
箱(部屋)それぞれに物語があります。
でも、それは絶対的な物語ではなく、観る人それぞれに、自由に想像してもらえる物語です。
全体で「ホテル・ゴースト」というホテルです。
幽霊の出るホテルのことではないようです。